年代ごとによって変わる、卒業写真への位置づけ

卒業アルバムの集合写真は最近では合成をしないことも

中学校などを卒業する際、日々の生活や行事などでの思い出を残そうと卒業アルバムが制作されます。集合写真や仲の良い友達同士で写っている写真、様々な物が思い出として記録されていますが、最近では集合写真で欠席したとしても合成写真などで添付されない可能性があります。風邪や特別な事情により、卒業アルバムにのるクラスの集合写真を撮る際に、欠席してしまうと言う場合もあるでしょう。業者に依頼して写真を撮ることになりますので、誰か欠席者がいたからといって日程の変更は行えないのが現実です。その際、欠席者だけが写真に写らないということが普通で、以前であれば端の方にに写真を合成して、欠席者も載せるというのが一般的でした。しかし、最近では1人を特別扱いすることで、その行為が直接のいじめになるのではないかという議論が進み、欠席者は写真に載せないという風潮があります。一方で、載せないのがかわいそうということも議論されていますが、1人だけ端に写真があることで疎外感を増発してしまうと言われています。ですので、もし風邪を引いている場合でも、写真に写らないのが嫌なのであれば、写真撮影だけの為に出席はしたほうが良いです。又は、きちんと担任の先生などに確認をすることをおすすめします。

大学の卒業アルバムは買わない人がほとんど

大学も高校の時のように卒業アルバムが制作されます。クラスの写真などで個人の写真を撮るのですが、かなりの大学生が写真撮影に行かない場合が多いです。ですので、自分の写真に興味がなく、大学の卒業アルバムは買わない人がほとんどです。ですので、子供の写真の思い出を学校単位で見るのは、高校生活が最後になる人が多いです。

学校写真とは、卒業アルバムに載せるため、遠足や修学旅行、文化祭や体育祭などの学校内の行事で撮る写真のことを言います。